太陽光発電用の太陽電池

太陽光発電は地上の家庭の屋根にも、人工衛星にも使われるものです。

低コストなものから高性能なもの性能も形態もいろいろです。

太陽光発電用の太陽電池はシリコン系・化合物系・有機系に分類でき、家庭用の太陽電池はシリコン系となっています。

シリコン系でも単結晶なのか多結晶なのかで違いがあり、製造方法などは各社で違います。

太陽光発電は多くの化石燃料のように地球上では埋蔵量に際限がありません、化石燃料は100年程度で枯渇する恐れがありますが、太陽光は今後数十億年利用が可能なのです。

再生という言葉にはなじみませんが、持続的に且つ、資源の枯渇の心配がないエネルギーが太陽光なのです。

環境汚染も設備の破棄の際に生じるものがほとんどで、化石燃料に比べると微々たるものなのです。

修理やメンテナンスも容易で最近ではリサイクルや廃棄物の処理も考えられています。