太陽光発電は再生可能エネルギー

クリーンで価値の高いエネルギー源である太陽光発電は再生可能エネルギーとも呼ばれています。

太陽が燃え尽きるのは数十億年後ですから、それまではつねに地球にとって最大のエネルギー源となるわけです。

温暖化ガスの排出量を減らす効果はよく知られていますが、家庭で作った電気を家庭で使うというのは究極の送電方式なのです。

太陽の日照時間の3時間から4時間が太陽光発電に利用できる時間だと言われていて、日本の場合にはほとんど全ての都道府県で有効な発電方法なのです。

一番沢山使われている太陽電池は、結晶シリコン太陽電池と言われるもので、最新技術を使って少しずつ性能が上がっています。

安く作るということと、効率を上げるということで様々な工夫がされています。

新しい太陽電池には、有機系太陽電池なども出てきていますがまだ実用レベルではありません。

ドイツの太陽光発電

太陽光発電が一番普及しているのはヨーロッパで、特にドイツが有名です。

原子力発電を取りやめるという決定があり、再生可能エネルギーの比率を上げているからですが、ドイツでも日本と同じように補助金や売電の仕組みが普及を加速させたのです。

ドイツは緯度的には北海道より高緯度なので、太陽光発電の条件は日本より劣っています。

そんなドイツでも太陽光発電が成立するのですから、日本ではほぼどんな都道府県でも太陽光発電は有効なのです。

日本住宅性能検査協会では太陽光発電アドバイザーという専門家を認定していますし、太陽光発電の専門家は増えています。

設置前に設置の費用や効率などのシミュレーションを行うのは基本ですが、必ず複数の会社で比較を行うようにしましょう。

太陽光発電販売施工会社からの見積もりは複数比較することで、初めて保証内容などを含めたトータルの比較が可能です。